心に残る詩 『雪柳 光の王冠』



“「光」が噴き上がっていた。
「命」が噴き上がっていた。
「咲きほとばしる」と言うべきか、抑えても抑えても、抑えきれない春のエネルギーが、
真っ白な「光の噴水」となって、勢いよく湧き出していた。

雪柳は「雪」であり「花」だった。「冬」であり「春」だった。
白という光の中に、春と冬が溶け込んでいた。
まるで、希望と苦悩が渾然一体になっている青春時代のように。
青春は、苦しい。悩みばかりだ。しかし、悩みがあるから、心は育つ。
うんと悩んだ日々こそ、一番不幸だと思った日こそ、あとから振り返ると、
一番かけがえのない日々だったとわかるものだ。

だから苦しみから逃げず、苦しみの真ん中を突っきって行くことだ。
それが森を抜ける近道だからだ。
寂しければ、その寂しさを大事にすることだ。寂しさや悲しさを、遊びなんかで、ごまかすな。
使い捨てるな。耐えて、耐えて、自分を育てる「こやし」にしていけ。
逃げたくなることもある。
でも、雪柳は動かない。雨の日も、寒風の日も、じっと自分の場所で根を張って頑張っている。
頑張り抜いたから、みんなのほうから「きれいだねぇ」と来てくれる。
人間も、魂の根を張ったところが「自分の故郷」になる。
完全燃焼したところが、心が安らぐ「自分の居場所」になる。

私は、みんなにお願いした。
「お父さん、お母さんを大切に」
君たちが生まれる時、どんなに、お母さんがたいへんだったか。
あなたが大きくなるために、両親は、どんなに疲れても、眠れなくても、大事に面倒を見てくれた。苦しい仕事にも耐えて働いてくれた。

あなたが初めて声たてて笑った時、初めて歩いた時、どんなに両親は幸せでいっぱいになったか。
病気になったとき、どんなに、おろおろと心配したか。
感謝できる人は幸せな人だ。

雪柳は太陽への感謝を忘れない。
太陽は、いつも惜しみなく光を注いでくれた。いつも、ありのままの自分を、そのまま受けとめ、
光で包んでくれた。だから今、雪柳は「太陽への恩返し」のように、明るく周囲を照らしている。

人間だって、花と同じように、光がいる。人も、人から大事にされないと、心が枯れてしまう。

だから君が、みんなの太陽になれ。

人間だって、花と同じように、水がいる。

自分で自分を励ましたり、喜ばせたり、心を生き生きさせないと、心は枯れてしまう。
自分で自分を励ませる人は、すてきな人だ。人のつらさも、わかる人だ。
自分で自分を喜ばせる言葉を、強さを、賢さを!
落ち込んだ心を、よいしょと自分で持ち上げて!
自分で自分を好きになれないと、人だって愛せない。

記念撮影を終えて、私は雪柳に近づき、カメラを手にした。

天をさして咲く花もあれば、地を向いて微笑む花もあった。それぞれの個性が集まって、光の束になっていた。
そして雪柳は、すべての力を、ただひとつのことに傾けていた。
天から与えられた自分の生命を生ききること。自分が種子として持っていたすべてを、表現しきること。自分本来の姿へと開花すること。それ以外、何も願わなかった。

ほかの花と自分を比べようなんて夢にも思わなかった。人が自分をどう思うかなんて、どうでもよかった。自分にできるかぎりのことをすること、それしか思わなかった。
今、だれもが個性、個性と簡単に言う。「自分らしく生きる」と言う。
でも本当は、それは茨の道である。みんなと同じようにしているほうが楽だからだ。

柳のようにしなやかな雪柳の枝に、無数の星が光っていた。無数の宝石で飾られた王冠のようだった。
そう、自分の道を歩み抜いた人は、だれでも英雄だ。「みんなが一等賞」なのだ。宝冠の人なのだ。
だから「自分にできないこと」ばかり数えて落ち込んだり、文句言ってるなんて愚かだ。「自分にも今、できること」が何かある。必ずある。それを、やり抜く人が偉いのだ。その人が最後は勝つ。


雪柳は敏感だった。だれかが通り過ぎただけの風にも揺れる。
あなたも、恥ずかしがり屋なら、そのままでいい。無神経になり、デリカシーをなくすことが「大人になる」ことじゃない。コンクリートみたいに固い花はない。花は、みんな柔らかい。初々しい。傷つきやすい。人の思いに敏感なままの、その心を一生咲かせ続ける人が、本当に「強い」人なのだ。

運命は外からやってくるんじゃない。君の心の中で毎日、育っているのだ。
毎日がつまらない時。それは自分が、つまらない人間になっているからかもしれない。
人生をむなしく感じる時。それは自分が、からっぽの人間になっているからかもしれない。
人生に、うんざりした時。人生のほうが君にうんざりしたと言っているのかもしれない。
人間は結局、自分自身にふさわしい人生しか生きられない。
だから、成績は中くらいでもいい、人間が大であればいい。頭がいいとか悪いとか、成績だけで分かるものじゃないし、生きる上で大したことではない。
ただ、自分が「不思議だ」と思う疑問を大事に追求することだ。そのことを考えて、考えて、考え抜くことだ。
そして、いざという時、真理と正義のためなら、自分を犠牲にできる人になれ。そんな人が一人でも増えた分だけ、この世は美しくなる。

世界のどこかに、君にしかできない使命が、君の来る日を待っている。指折り数えて待っている。待たれている君は、あなたは生きなければ! めぐりあう、その日のために!

輝くためには、燃えなければならない。燃えるためには、悩みの薪がなければならない。
青春の悩みは即、光なのだ。

雪柳も、冬の間に積もった冷たい「雪」たちを、枝から染み込ませて今、「花」に変えて噴き出しているのだろうか。
中国では、その名も「噴雪花」という。 ”
                                  池田 大作 (『雪柳 光の王冠』より)

今でも忘れない。この詩に出会ったのは、教育学部の新入生歓迎会だった。
後輩思いの先輩たちが、朗読してくれた。

大学のキャンパスを歩きながら、雪柳とすれ違う度、「おれも頑張ろう」と、思う。
今年も、東京の冬がやってくる。
あと1年半の大学生活、自分の場所で、精一杯生きよ。
by heartbeat400 | 2005-10-28 00:55 | LIFE | Comments(42)
Commented by daskine at 2005-10-28 11:22
daskinです~。なにげに初投稿なんですが、俺もこの長編詩はめっちゃ好きです!
自分というのをかなり実感させられるものですよね。。。
俺の後輩もこの長編詩がすごく好きだと言っていました。
最近は何かと忙しく、なかなか話をする機会がもてませんが、また話しましょうね~。
Commented by heartbeat400 at 2005-10-28 18:05
>daskine
おいキョーダイ!敬語かよ!(゜o゜)ゲッ!!
初コメントありがとう!
後輩で、唯一、呼び捨てを許可してるにっしー。笑
期別、頑張れ。もう少しだ。
おれは今夜、「おってふせる」ぜ!!!!!
Commented by みち at 2005-10-28 23:38 x
すげぇね。。。
なんつーか、すげぇわ。

近道か・・・。
よっしゃ。任せて☆
Commented by heartbeat400 at 2005-10-29 01:27
>みち
みちが、この詩を「すげぇ」と思える。
みち、本当に、今、戦ってるんやな。
苦しい思いをしながら、努力してるんやな。
そうじゃなきゃ、心には入っていかない詩だと、おれは思う。
ありがとう、みち。
がんばれ、みち。
おれも、働きながら学ぶの、両立大変で、楽じゃないけど、がんばる。
場所は違えど、一緒に、がんばろう。
Commented by 吉野家 やまがた at 2007-05-09 01:10 x
すいません、ただ雪柳の詩が見たくなって、検索してたら、恭輔先輩のブログに入ってしまいました。びっくりしました。いろいろ、見てたら、感動してました。ほんまに、、ありがとうございます。最近、休学しようかとか悩んでたんですけど、自分なりに頑張ろうと思った、今日であって、雪柳の詩、恭輔先輩の詩を読んで、元気が出ました。また、読みにきます。
Commented by アメリ at 2008-03-27 09:13 x
雪柳。。。この創立者の想いをアタシ自身、最近改めて感じるコトができました。雪柳の長編詩を検索してたどり着きました。。。
今いる自分の場所で根をはらなきゃっと想う気持ちと、負けたくなぃっと想う気持ちで胸がいっぱぃです。。。
Commented by heartbeat400 at 2008-03-28 17:52
>アメリさん
アメリさん、はじめまして!コメントありがとうございます!
実は、「『雪柳』を探していたら辿り着きました…」という方が最近増えてきているのです。
今となっては、“雪柳 光の王冠”でGoogle検索したら、このブログがトップに出てくるから驚きです。管理者として、大変嬉しく思っています。
Microさんも『yukiyanagi』という新曲を発表されたので、今後、ますます、先生のこの随筆が注目されてくるのではないでしょうか。
アメリさんは、在学生ですか?私は33期児教でした。
今の葛藤が、揺るがない人間主義の土台をつくります。
創立者の思いを感じることができたなら、アメリさん、あなたはもう絶対に、負けません。陰ながら、活躍を祈っています。

*ちなみに、私にとって映画『アメリ』は、とても思い出深く、大切な映画です。今でも、映画にリンクして鮮明に思い出すことが沢山あります。
ステキな映画ですよね。
Commented at 2008-04-08 10:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by アルフォ at 2008-04-20 19:51 x
有り難うございました。創大の図書館へ行き、当時の聖教のコピーをしようと思ってさがしていましたら、出逢えました。あなたの人生に栄光あれ!!
Commented by みひろ at 2008-07-14 21:48 x
めっちゃ感動しました!!私今めっちゃ悩んでて、相談した先輩に雪柳読んでごらんといわれさがしてたらここへきました。悩みにまけず、今いるこの場所で頑張ります!!
Commented by heartbeat400 at 2008-07-20 09:33
*アルフォさん
*みひろさん
コメント、どうもありがとうございます!
「KINDERGARTEN」の『雪柳-光の王冠-』が、今こうして沢山の方々の元へ届いていること---光栄に思います。
Commented by さや at 2008-09-29 17:28 x
同志のmicroの歌「yukiyanagi」も大好き
Commented by heartbeat400 at 2008-09-30 21:32
*さやさん
初コメントどうもありがとうございます!
もちろん、僕も好きですよ!!
Commented by もっこりーー at 2008-11-08 06:02 x
雪柳の詩が読みたくなり、このページのたどり着きました。
今、悩んでいる友達がいます。彼女にこの詩を読んでもらおうと思います。ありがとうございます!!
Commented by 岩元昭昌 at 2009-11-11 16:22 x
勇気をいただきましたありがとうございました。
Commented by heartbeat400 at 2009-11-14 21:29
こちらこそ!わざわざコメントを頂きありがとうございます!
Commented by tomoyu at 2009-12-25 16:56 x
雪柳を検索して、こさせてもらいました。
私は今20歳で芸大に行っていったんですが
今年の春にやめました。
そして、今創価大学を目指しています。
高3の妹と頑張っています。
今日少しダラけてしまって
やる気を出すために雪柳を調べてました。
雪柳だけでなく
このページにも元気をもらいました。
ありがとうこざいます☆
頑張りきります!!!
Commented by heartbeat400 at 2009-12-28 17:04
*tomoyuさん
嬉しいコメントありがとうございます!
新しい挑戦を始められたtomoyuさんの勝利を祈ります。
創大は、間違いなく世界一の大学です。
あんな美しい世界は、世界中どこを探してもありません。

今は、じっとこらえて、
必ず世界一の創立者の元へ参じて下さい!!!

応援しています!!!」
Commented by ayaka at 2010-02-24 23:45 x

雪柳を検索してたどりつかせていただきました。
私は創価大学文学部人間学科にもうすぐ入学する40期生です。
実は今日展示会で雪柳の写真を初めてみました。
写真を見たのは初めてで思わず泣いてしまいました。

すばらしい写真と詩をありがとうございます。

私も上の方のように、雪柳だけでなくこのページにも元気をもらいました。
ありがとうございます。

創大に行かせていただくことがさらに楽しみになりました☆
必ず世界一の創立者に応えます。

ありがとうございました。
Commented by heartbeat400 at 2010-03-16 19:22
*ayakaさん
使命深き40期生、おめでとう!
僕は33期児教です。

「必ず世界一の創立者に応えます」

その決意を一生涯忘れないことです。
行動していくことです。
創大ほど美しい世界は、
地球上のどこを探しても見つからないでしょう。

ayakaさんの、活躍を楽しみにしています。
コメント、ありがとう!!
Commented by tomoyu at 2010-04-28 22:43 x
報告が遅くなってごめんなさい。
ともゆです。
今年創価短大に合格することができ
今創短生として
また寮生として
今そしてこれから
頑張っていきます!
Commented by heartbeat400 at 2010-04-29 21:48
*ともゆさん
本当におめでとう。本当に。
いつか、またステキな報告を、待っています。
「創大ほど、美しい世界が他にあると思ったら大間違いだ」
(『潮』より創立者の言葉)
一生に1度の2年間、ともゆさんらしく創立者との原点を。
報告ありがとう!!!
Commented by 元吉野家やまがた at 2010-05-29 01:29 x
また、雪柳が読みたくなって、訪れました。
すると、たくさんのコメントがあり、感動し、勇気もらいました。
明日、大切な親友にこの詩を贈ろうと思います。
今必死になって苦しみながらも闘っている彼女の心に届けと祈りつつ、自分自身もこの詩で支えられました。
また今日から出発です!!
本当にありがとうございました。
Commented by heartbeat400 at 2010-05-29 11:06
*やまがたさん
おお!よくぞコメントをくれました!
いま、君はどこで何をやっているのかい!?
その思い、必ず親友の胸に届く!!!!!
Commented by nyaa at 2010-11-17 23:52 x
雪柳の詩が載っている本を探していたら、このサイトに出会いました。創立者のお言葉をこんなにも大きく発信している方がいて、感動しました!!^^私も残りの創大生活、全力でがんばります!!!
Commented by heartbeat400 at 2010-11-20 22:22
*nyaaさん
コメントありがとうございます!僕は33期です。
創立者をまっすぐに求めていくその姿は、絶対に正しい生き方です!創立者の期待に応えんとする学生の姿は、世界一美しい。
人間として、あんなに美しい世界は、他のどこにもありません!
Commented by ライ at 2011-01-21 15:25 x
苦しいとき、自分の感情が抑えきれないとき、心の中から込み上げる“何か”がわからない時……。

microの歌で泣けた……。
昔、この雪柳の詩を教えて貰ったけど、何の事だかわからなかった。けど、今はわかる。

“自分”って言う人間は一人で成り立っていない。自分の宿命を必死に変えようと、冬を春にしようとする人間は、実は回り人の心も明るくしていくんだと思った。


その“究極の力”が仏法にはある。


人生、“自分”を咲かせた人が勝ちなんだ。
Commented at 2011-04-10 12:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by heartbeat400 at 2011-04-29 14:13
*ライさん
勝利を祈ります。

Commented by heartbeat400 at 2011-04-29 14:16
*Yumikoさん
世界を舞台にご活躍をされているのですね。
『雪柳』に、先生のあたたかさが詰まっていますよね。
コメントありがとうございました。
Commented at 2011-08-10 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by heartbeat400 at 2011-08-12 11:32
*Kさん
コメント頂きありがとうございます。
必ず、乗り越える事ができます。
同じような状況を乗り越えてこられた同志をたくさん知っています。
陰ながら、祈らせて頂きます。
Commented at 2011-09-25 23:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by heartbeat400 at 2011-10-02 20:26
*Mさん
コメントを頂きありがとうございます。
この詩は、万人の心に響きますね。
Mさんの友人との出会いにお役に立てたことを光栄に思います。
Commented by Rugby at 2011-11-03 16:47 x
最近なやみごとが多くて、、、
でもこの創立者の詩また歌をきいてると本間にがんばれます(^-^)/
Commented by heartbeat400 at 2011-11-13 09:02
*Rugbyさん
悩みぬいて、最後は必ず勝ちましょう!
Commented at 2011-11-21 09:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by heartbeat400 at 2011-11-26 15:47
*lennさん
「断じて勝つ!」との強き一念が、不可能を可能にする!
Commented by たまごみっつ at 2012-04-13 16:04 x
雪柳を検索したら飛び込んできた長編詩…☆
娘が現在短大2年在学中の、お母さんです^^

就活で揉まれてます
苦しんでます

キャンパスは今、桜満開ー
雪柳もきっと綺麗でしょうね!!
娘にも紹介させて頂きます^^。

ありがとうございました☆
Commented by 中込永次 at 2013-04-29 23:49 x
担当様

はじめまして中込永次と申します
拝啓「天と地の王冠・ピラミッドの噴水」を出版しました。
王冠の事も書いてあります。
尚、私のブログもありますのでよかったらご感想お願いします。
Commented by chiharu at 2013-05-08 23:01 x
雪柳の詩が読みたくなって、検索してトップに来たのがこのブログでした。私も35期です。
久しぶりに読んで号泣しました。この詩の先生の一言一言がもう、あたたかくて。すべてわかってくださって。
また、ここのコメントを読んで、本当に久々に、創立者から、一学生としての自分がどれだけ先生に見守っていただいていたのかを思い出しました。そしてまた、卒業した今、こうして奮い立たせていただき、心がまっすぐになりました。
自分らしく、がいちばん難しい。けれど花は絶対に咲かせることができる。そしてきっと周りを照らしていける人に。
明日もがんばります。
Commented by KOICHI at 2014-01-18 16:01 x
はじめまして。
雪柳の詩が読みたくなって検索したらトップにきてたので来ました。
最近、本気で惚れてた彼女にフラれて落ち込む僕に、男子部本部長に勧められた詩です。
感動しました。
頑張ります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ハナヒラク